採用支援システムのサービスを利用するメリット

中小企業において人材確保を効率的に行うことは、経営基盤を確固たるものにするだけでなく、採用や育成にかかるコストの節減にも効果を発揮します。しかしながら、最近では、労働市場が先細りしていることから、各会社とも慢性的な要員不足に陥っており、求職者を集めるだけでも大きな労力がかかっており、また、せっかく雇用しても中途退職が後を絶たず、無駄な経費ばかりかかっているのが実情です。こういった、中小企業の悩みを解消するのが、採用支援システムであり、多くの中小企業で導入が検討されています。実際に導入した中小企業からは、採用事務が簡素化され残業が減った、内定者への通知が早くなった、内定者を他の会社に取られることがなくなった、という声が多く聞かれています。

採用支援システムを導入するまでに必要なこと

社員を雇用する際、採用担当者がまず始めに行うことは、 求職者のターゲティングです。どういった人材を雇用したいのかを精査することによって、求人広告を出す媒体が変わってきます。募集の段階でターゲットを絞り込むことで無駄なコストが大幅にカットできます。絞り込みが完了すれば、いよいよシステムを活用していきます。システムは、応募者をリスト化し選考状況、結果、内定通知の発出状況、採用までの各工程における進捗度合いを図るために用います。応募者を一覧化することで、相対的な評価が可能となり、必要な人材の絞り込みや各工程における進捗度合いが一括して管理できますので、内定通知までの期間が大幅に短縮されます。このことによって、応募者が他の会社に流出することを防ぐことができるのです。

採用支援システムの有効な活用方法

従来のシステムだと、内定通知の発出管理までの機能しか対応できませんでしたが、最近ではさらに入社後の業績などを加え、選考結果の評価、反省を行うことができます。具体的には、選考結果と入社後の業績を比較、分析することによって、広告を出した媒体に間違いはなかったのか、選考方法に謝りがなかったのか等、様々な観点で今後の改善点を見出すことが可能となりますから、次回以降、より少ない経費と労力で、より会社のために有益な人材を雇用する事が可能となります。このように、採用支援システムは、単に採用業務を簡素化するだけではなく、3年後、5年後を見据えた採用管理計画を策定するために、大きなメリットがあり、今後、ますます導入する中小企業が増えてくることが、予測されています。