ちょっとしたコツがある東京での板金の頼み方

板金業者は各地にたくさんありますが、東京で板金を依頼する際にはいくつか押さえておきたいポイントがあります。そもそも板金とは、薄い板状に形成した金属全般をいい、またそれを常温で変形させ加工する行為も指します。板金の材質は鉄鋼の他、銅やアルミニウム等様々で、加工も大きく自動車・建築・工場という3種類に分類されます。自動車でいう板金とは、損傷した車体を元の形に戻すことです。建築でいう板金は板金加工をして建物の屋根や外壁雨樋等を施工することです。そして工場板金とは、家電製品や家具といった工場で作られる製品や部品を板金加工することです。板金は職人さんによる施工が一般的です。特に東京で板金を依頼するなら、それぞれの業者が持っている強みはどんなものかを抑えておくとよいと思います。

板金を東京で頼むのにお勧めの業者とは

板金加工業者を東京で頼む場合、予め板金業者の性格をよく知っておくと同時に、依頼者側も何を最重視するかを明確にしておくべきです。都内でお勧めしたい板金加工業者の性格をいくつか挙げてみましょう。一つは短い納期に応えてくれる業者です。最短数分で対応してくれる業者もあるので、とにかく急ぎで頼みたいという方にお勧めです。二つ目は設計が得意な業者です。板金は金型や設計図が無いと職人さんの負担が増えてしまいますが、設計が得意な業者なら安心です。三つ目は一品からでもOKな業者です。オーダーメイドの板金加工を頼みたい方にお勧めです。四つ目は大物加工に対応してくれる業者です。五つ目は電気配線や製品の組み立てに強い業者です。このように業者にはそれぞれ得意分野があるので、そこをよく確認しておくことが大切です。

板金を東京で頼む際に心得ておきたいポイント

板金を東京で頼む際には板金加工業者の性格を把握しておくことと述べましたが、実際に一つの業者に頼む際に心得てほしいことがあります。それは、依頼する側が納期を指定しないということです。これは心理的な話になってしまいますが、もし自分が職人だとして仕事が立て込んでいる時に早く仕事をしてほしいと急かされたらどうでしょうか。言われた通り納期を優先したら、職人として納得のいく仕上がりに出来ないかもしれません。綺麗に仕上がった板金は、汚れや塩分などを水で洗い流し、乾いた柔らかい布等で優しく拭き取りましょう。表面を傷つけるような磨き方は、板金には厳禁です。経年劣化はもちろんありますが、基本は綺麗な状態を保つことです。板金は加工するにも、使用するにも、共にデリケートに扱うものなのです。